2018年 こんなことがありました

気が付けばあと数日で2018年も終わり。

”2018年もどうぞよろしくお願いしますぅ!”

… とついこの間言っていたような…

 

”はぁ〜本当に一年経つのは早いなあ。”

…とやはりこの時期 毎年言っているような…

 

ということで。

2018年 私の備忘録。 

今年の目標は…

”ガーデンの空間に視覚的なメリハリをつける”こと。

 

ガーデンを作る前の状態。

真ん中が大きく凹んだ斜面の土地でした。

この土地の形を上手に生かして庭を創ってみようと思ったのが3年前。

ガーデニングなど全く興味無かったところからのスタートでした。

 

***余談ではありますが。

傾斜地のアップダウンがやたら楽しくて…

愛車で庭をジャンプしながら走り回ったことも…

今では考えられない贅沢な遊びです。

 

まず最初に。

斜面の土地中央部分にトラック数台分の大量土を入れて大きな石垣作り。

熟練の職人さんが一生懸命作ってくださいました。

じゃーん。

ここが、ガーデン創りのスタート地点!

もともとの傾斜した土地を生かして、まずは石垣をガーデンデザインの基点にし、小道や階段などを徐々に制作していきました。

その際に気を付けたのは、ガーデンを見て歩く人が飽きないよう、できるだけ直線は作らず、曲線で道を作るということ。

歩きながら次々に新しい色や香りが飛び込んでくるような空間が私の理想のガーデンです。

 

一度見たら満足…の単調な空間ではなく、限られたスペースに沢山のサプライスが詰まったガーデン創り。

私は花が咲く最初のきっかけを作る人。そして花が健康に育つ為にちょっとお世話をする人。

創りこんだきれいなガーデンより、自然の力でのびのびと育っているガーデンが好きです。

 

頭の中ではすでにカラー版で壮大な(?)ガーデンの風景が広がっているのですが、なかなか思い通りに花は育たず。

でも、なかなか上手くいかないところも庭創りの魅力なのかもしれません。

 

………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今シーズンは、もっとガーデン空間に視覚的なアップダウンが欲しいということで

地元の大工さんにいろいろ構造物を作っていただきました。

 

パーゴラ・回廊

来春につるバラを仕立てる為のパーゴラ・回廊を設置。

階段部分は、片脚パーゴラ。

バランスとるのが難しかったようです。

この階段部分には、大きなワイン樽を7つおいて、David Austinのおきに入りシリーズを植えました。

またその間にはつる系バラを植えて、来春から回廊に頑張って絡んでもらうことに。

 

↓その昔はゴミ捨て場だったところにも、パーゴラ設置

 

グラスハウス(温室)

ずっと欲しかった夢のグラスハウスをガーデンのアイコンとして設置。

大工さんに図面を渡して、そのままの形作っていただきました。

三角屋根のかわいいグラスハウス完成!

とてもガーデンの雰囲気が良くなり大満足。

道具小屋として、冬の鉢ものを入れたり…すでに大活躍しています。

 

レンガの小路

最初、自分でコツコツやろうと思っていたのですが。

1000個ちかくの大量レンガを購入→ ホームセンターから自分で軽トラ運搬という過酷な作業で一気に意気消沈。

こちらも力持ちの大工さんにお願いしました。

 

”きちっとしないで、雑に敷いてください”の難しいリクエスト。

クンクン、とてもいいんじゃないのぉ。

・・・愛犬クロちゃんも納得の仕上がりです。

 

ガーデンテラスの休憩スペース

 

いろいろと家具を探したのですが、今一つピンこなかったので。

こちらも大工さんに作っていただきました。

今年は全く活躍しませんでしたが…

来シーズンはここでものんびりコーヒーいかがでしょうか??

バラのシーズンには、香が一番楽しめる特等席かもしれません。

 

ポタジェ

裏庭でプチトマトやちょっとした野菜を育ててみたいわあ〜

ということで、いきなりポタジェを作りました。

 

・・・が。

作っただけで中身は間に合わず、ただの奇妙な箱状態

・・・というか、忙しすぎてポタジェの存在すら忘れておりました。(-_-;)

何かしら育てるのは来春以降。

雑草畑にならないようにせねば!です。

 

夏にカフェをオープン

今年一番のチャレンジでした。

とにかく緊張して、オープン前夜は眠れぬ日々…

もちろん営業時間中は冷や汗の連続…ここ数年で一番緊張した時間でした。

幸いお客様が良い方ばかりだったことに救われた私。

絶賛迷走中のカフェですが、来年もちゃんと続けられるようにがんばります!

 

自分でデザインしたカフェのキッチン。

サイズが私の身長に合わせてあるのでとても使いやすく気に入っています。

食器も家具も鍋も照明も…

すべて趣味でコツコツ集めていたものばかりなので、私にとっては寛ぎの空間。

”カフェをやりたかった!”というよりは、”カフェの空間を作ってみたかった!”というのが本音かも。

 

誰かあ〜〜 カフェやりませんか〜☺

 

カフェといえば、先日テラスに風除けカーテンをつけました。

冬に営業するのかどうかもわからないのに…

テラスで寒空の下 プルプル震えている涙目のワンちゃんを見たら…

思わず大工さんに電話してオーダーしちゃいました。

中にはストーブ2台設置して暖かくなるかどうか…

そして、モノグサ私のやる気が出てくるかどうか…(-_-;)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年は、公私ともに忙しく、庭創りが進んだかどうかも分からない状態。

でも、いろいろ2019年につながる大切な”種まき”はできたかなと思っています。

 

2019年3月中旬頃に庭仕事が始まります。

冬の間は体力温存。頭の中で来春以降のイメージを膨らませて…

来年の準備を少しずつ始めたいと思います。

 

あっ。カフェも忘れておりません。

こちらも少し休憩したら、また時々オープンします〜

 

みなさま、どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください。

 

少し早いですが…

2019年が健康で幸せな一年になりますように。

またお会いできる日を楽しみにしております。

 

ハンナフラガーデン AYA

 

 

2018年ガーデンの冬支度が終わりました

11月にはいり、早朝霜が降りるように…

凍っているガーデンの冬支度は、予定よりずいぶん遅れてスタート。

ちょっと週末暖かい日が続いていたので油断してしまいました。(-_-;)

 

まずは庭全体の掃除から。

 

宿根草は、枯れている姿も素敵なのですが…

来春掃除する時間がないことも考えて、思い切ってチョキチョキ。

必要な場合は堆肥でマルチング。

 

ブウウォッ〜〜〜!!!!

大量の落ち葉は、バラのエリアは自分で掃除をして

その他のエリアは、いつもお世話になっているご近所さんにブロワーを依頼。

すっきりきれいにしていただき感謝。

 

刈り取ったオルラヤは、種を採るので大事に移動。

オルラヤといえば…

勝手に種がとんで、モジャモジャと大変なことになっています。バラの樽は、肥料が効いているので特にモジャモジャ。

 

さて。

毎年頭が痛いのは…

この大量の枯葉、枝、切った宿根草などの処分方法。

少なければ有料ゴミ袋に入れて廃棄するのですが、半端なく大量なのでコストを考えるとちょっと難しく。

 

悩んだ挙句。

今年も庭の端っこに、深さ2メートル近くの大きな穴を掘って、その中で燃やすことに。

ただご近所へのご迷惑も考えて平日のみ大きな焚火をしていきます。

(焼き芋などは、焚火が大きすぎて行方不明になるレベルです)

そして、ある程度きれいになったら…

今度はバラの株元に堆肥のマルチング。

今年は黒い堆肥と馬糞を一緒にかけてみました。

軽井沢は土の中がー20度くらいになるということで、とにかく株元は温かく。

雪でも降ってくれれば温かくなり良いのですが…

とにかくガーデンの寒さ対策です。

 

そして、いよいよバラの冬囲い。

イボ竹は、既に1000本くらい持っているので

それを地道に三角に立てて…

 

今年は不織布とシュラ縄を買うだけでOK。

光線透過率が約90%と高く、通気性のよいパオパオ90を600メートル。

黒色のシュラ縄を2000メートル使いました。

ひたすら生地を裁断中。

アイビーちゃんがおとなしく横で応援中。

数日かけて不織布をチョキチョキと切っていきます。

 

それをエリアごとに分けて、順番にバラをグルグルと巻いていきます。

冬の寒さで枝は枯れ込むことを加味して… ちゃんとした剪定は来春に。

今回は、大きくなった株が寒冷紗に収まるくらいまでカットするです。

 

元気いっぱいの オリビアローズちゃん。

葉っぱもそのまま包みました。

 

バラの葉っぱはいつも悩むのですが… 

全部むしるのは大変なので、私はそのままにしています。

 

一度トゲに不織布が刺さってしまうと、なかなか巻くのが大変!

作業開始後しばらくは、慣れないので1株あたり15分くらいかかってしまいます。

 

が、慣れてくると5分もかからない、しかもペースが良くなるともっと早くなる。

ペースが良くなってくると、作業自体が何だか楽しくなるという相乗効果が!

とにかく数が多いので、何か楽しくなることを考えていないと…

夜ごはんは何を食べようか…とか、明日の朝は何を食べようか…とか。

あっ 食べることばかりですね。

 

寒冷紗をしながら、バラの名前も最終チェック。

 

あと株の様子もチェックして、あまり具合の良くない子には堆肥マルチングを追加して

来春まで何とかこらえてもらえるよう応援。

 

最終日は、いつも応援してくださるブルーガーデンの中山さんにも冬囲い作業を手伝っていただき感謝。

 

無事今年もバラの冬囲いが完了しました!!

今年はお天気が良かったので、作業自体も苦にはならず。

最後まで楽しんでガーデンのお世話をすることができました。

 

ここまできたら。

あとは細かいお片付けを残すのみ。

 

手伝いにきてくれた母と一緒に、今年完成したグラスハウスへ小さな鉢を移動して…感謝。

 

 

愛用の金像印スコップと4代目一輪車さん

来年もよろしくお願いします!

 

暖房が入っていないのですが、それでも外気温よりは幾分温かいグラスハウス。

鉢類もすっきり収納できて大満足です。

作っていただいた大工さんに感謝。

 

グルグルと庭を廻って、寒冷紗のし忘れがないか最終確認。

 

なんかホッとしたような。

ちょっぴり寂しいような。

これで来年4月頃までガーデンは眠りにつきます。

 

今年もたくさんの方に応援していただき無事ガーデンをクローズすることができました。

ありがとうございます!

 

数えたバラは370本。

そのうち何本冬を越せるかわかりませんが…

 

来春みんなと元気に会えることを願っています。

 

最後まで咲いていたルドベキア

おうちの中で楽しむことに。

 

本日のガーデン 2018年11月9日

先週末でカフェの営業は一旦お休み。

今週は軽井沢で1週間の庭仕事に専念しています。

 

最近 早朝はドヨーンとした重い空模様で・・・

ヒュルーリー ヒュルリー・・・

おばけでも出そうな雰囲気。

 

”希望の朝だっ!よし!今日も頑張るぞっ!!”

・・・という気分にはなかなかなれません。

お天気が良いと、朝ごはんもそこそこに元気よく庭に飛び出して行くのですが…

ここ最近は朝のらりくらり、気が付いたら羽鳥慎一モーニングショーが始まっていたりして・・・

 

気持ちがのるまで随分時間がかかって困ります。

 

私の大切な温室も、なんだか寒そう。

ちょっと待っていてね。

 

私の目がショボショボ霞んでいるのか?

景色が霞んでいるのか??

まるで黄泉の国のようです。

(まだ行ったことありませんが…(-_-;)

 

そんな気分が今一つのらない中でも、やらなくてはいけないことが沢山。

そうです!!今週中にやるべきスケジュールが決まっているのです!

のらりくらりしている時間など、1秒たりともないのです!!

 

気持ちを奮い立たせて。

まずは庭全体の掃除からスタート。

レーキーとマキタのブロワーが大活躍です。

 

宿根草はできる限りきれいにカットして

来春良いスタートがきれるように準備。

ものすごい量の枯れ枝や枯葉はお天気の良い日に焚火で燃やします。

 

 

ある程度 掃除が終わったら…

今度は、バラ株の横に穴を掘って、肥料を入れる作業。

同時に株元の雑草をきれいに取っていきます。

 

肥料は春に入れることも考えたのですが、春は何かと忙しく

ちゃんと全部にあげられるか自信がないので、

今回は今の時点で来シーズンに向けての肥料投入。

肥料は、ローズショップさんの有機肥料を使用。

かつおぶし?のおいしい香りがする肥料です。

 

肥料を入れた後に、完熟馬糞と黒い堆肥のブレンドでマルチング。

ローズショップさんの完熟馬糞…そのまんまがゴロゴロ入っていますが。(-_-;)

もちろん完熟なので全然臭いもしません。

ただ見た目がちょっとですが、すぐに慣れます。

 

軽井沢は土が凍結するので、厚めにマルチングをする必要があります。

バラの接ぎ木部分は、最初に植える際に地面の下に埋めますが、

出てしまっている場合は必ずマルチングでカバー。

お布団になる雪があまり降らないので、とにかく株を温かくすることが大切なのです。

 

こんな感じになります。

でも実は・・・

これは第一段階で、11月下旬に更にもう1回”黒い堆肥”のカバーをかけます。

私のバラはかなり過保護に育てられています。

毎年使っているライブファームさん(東御市)の黒い堆肥。

かなりパンチのあるパッケージ。

その名前の通り、黒い、とことん真っ黒い堆肥です。

 

モグラが掘り返したような状態ですが…

このマルチングなしには、軽井沢の寒い冬を無事乗り越えることは難しい。

 

そして、さらにこれから寒冷紗の冬囲い作業が始まります。

今年使用するのは”パオパオ90”不織布。

なぜにパオパオ?というネーミングの疑問はさておき…

光線透過率90%という優れものに期待大!

 

今日は一日馬糞を持って、庭をあちこちパトロール。

布団のかけ忘れがないか、しっかりチェック!

 

3時のおやつも忘れずに…

ホッと一息タイム。

今日のおやつは、大好きなチョコパイ。

 

すべての作業が終わるのは11月下旬を予定しています。

それまで風邪をひきませんように・・・・

 

ちょっとずつガーデンがすっきりしていきます。

 

大きく成長したピラミッドアジサイ。

今年も長い間楽しませてくれました。

 

こぼれだねで増えているビオラ

 

きれいなグラデーションの… なんだっけ?

 

バラもまだポチリポチリと咲いています。

ウィンチェスターキャシードラル(DavidAustineRoses)

ザ・レディーガーデナー(DavidAustineRoses)

バニラボニカ Meiland France

イングリッシュヘリテージ (David AustineRoses)

パットオースティン (DavidAustineRoses)

 

 

どんどん秋から冬に景色が変わりゆくハンナフラガーデン。

来春 きれいな花を咲かせられるよう・・・

 

コツコツ庭仕事 進行中です。

 

 

間もなくガーデンも冬の眠りにつきます

この間まで 暑い暑い!と大騒ぎしていたのに…

 

気が付けば間もなく11月。

軽井沢の朝夕はずいぶん冷え込み、暖炉やストーブにも火を入れる日が多くなってきました。

 

11月といえば…

カフェの営業は、3日(土)4日(日)の2日間のみとなり、他の週末および一部平日を使って、ガーデンの冬支度をします。

 

バラを不織布で覆い株元を堆肥でマルチング。

中でもこの作業が一番のメインイベント。

 

 

こちらは昨年の様子。

ご近所の方もビックリの異様な雰囲気。

夜はさぞかし怖かったことと思います。

 

今年はここからまた本数が増えているので…

どれだけ大変かは未知の世界。(-_-;)

 

冬は、どちみち枯れ込んでしまうので、しっかりとした剪定は来春に。

今回は不織布で囲いやすくするサイズにチョキンと切るだけ。

お天気が良く比較的暖かい日でないと、心が折れてしまう(?)忍耐作業なので…

体力勝負・スピード重視で黙々と頑張ります!

(余談ですが、昨年はこの作業で4Kgくらい痩せました。断食道場なみ?そして、12月の暴飲暴食で6Kgほど太り、元通り以上に私も大きく成長。)

 

そういえば。

なんと今年はすでに届いている大量の球根をまだ全然植えておらず…(-_-;)

こちらも11月あたまにせっせと土の中に埋めなくてはなりません。

(またまた余談ですが、埋める場所を誤ってしまうと…モグラに全部食べられてしまい春に何も出てきません。モグラVS私の1本勝負です!)

種取り作業もなんだか途中で終わっているし、スコップは庭のあちこちに刺さっているし。

 

”てんてこ舞い”の11月が間もなくやってきます。

 

 

ガーデンの入口はすっかり秋模様。

落ち葉は、まだまだこれから落ちてくるので…

とりあえず落ち切ったところでブロワーで大掃除を予定。

 

写真は、朝6:00頃の撮影なのですが。

なんか夕方みたいなもの悲しい雰囲気・・・

はあ・・・物思いにふける秋色です。

 

今年もやはり一度たりとも座ることのなかったチェア。

だんだんチェアも退色して秋色に…

はあ・・・いつかここで庭をみながら、冷たいアイスティーをチビチビ飲みたい・・・

 

何かとため息づくしの秋ですが・・・

それも吹っ飛ばすくらいの大型新人さんがガーデンにデビュー!!!

 

じゃーん!

グラスハウス(温室)です。

 

あーでもない、こーでもない・・・と図面をひいて完成した夢のグラスハウス。

いつもパーゴラ等を作ってくださる大工さん達が一生懸命に作ってくださいました。

背後の建物との相性もばっちり。

窓も大きく開閉できるので、風通しもばっちり。

広さもちょっとしたワンルームくらいあるので、不意のお客様にもばっちり。

 

・・・かどうかはわかりませんが、とにかく理想のグラスハウス!

 

冬の間は、ここに鉢物や庭のツールを片付ける予定です。

そして、来シーズンは何か新しいチャレンジをグラスハウスでやってみたいと思っています。

 

冬の間も、あれこれ楽しいプランで頭はいっぱい。

来シーズンも庭のチェアに座って、アイスティーをちびちび・・・は無さそうです。

 

10月下旬。

まだポチポチとバラが咲いています。

開ききらないつぼみもプックラと可愛い。

 

ピンクのアナベル。

なぜかまたポチポチ咲いてきました。

 

夏の主役 ルドベキア

枯葉の中で、元気にチョコッと咲いています。

 

エキナセアは、ずいぶん何度も繰り返し咲いてくれました。

よくよく見たら・・・下にまだ小さなエキナセアが!

咲いてくれるかな。

 

カフェのテラスからの風景。

いろいろな色が混ざりあって・・・

軽井沢らしい素敵な秋色に染まっています。

 

そして、冬になると景色はガラッと変わり。

 

雪が降るとすっかりガーデンは一面 銀世界に!

 

・・・はて?

こうなると、カフェへはどうやって入るんだろう・・・?

 

12月のカフェオープン予定は、決まり次第またHP,FB、インスタグラムでお知らせします。

 

雪の日はクローズするかもしれませんが、銀世界のガーデンもとても素敵。

なんとかカフェまでの経路を考えて… 

冬季も少し営業できるようにしたいと思っています!

 

可愛いスコップを門のところに置いて・・・

雪”かき体験 おいしいコーヒー券付” と称して、みなさまカフェまで楽しく雪かきしてくれないかなあ・・・

ハンナフラガーデン ができるまで

気が付けば・・・もう10月。

あっという間に夏が終わり、秋が来たかと思いきや・・・

軽井沢はもう暖炉の季節になっています。

 

さて。8月にカフェを無事オープンいたしました。

まだ慣れていないので、お客様をお待たせしてしまったり、トーストを大炎上させてしまったりと

てんやわんやではありますが。リピートしていただいたり、応援のお言葉を頂戴したりと

お客様に助けていただくこと多々。本当に感謝です。

 

そして。お客様から、どうやって今の状態のガーデンになったのか知りたい!というお声が多く。

ダイアリーでは、過去にもポツポツ書いてきたのですが、もう少し詳しく私自身も思い出してポツポツしようと思います。

 

庭を本格的に作り出したのは2015年の春。

バラに関しては2016年春に生まれて初めて購入しました。

↓2015年4月 

↓2015年12月 メイン石垣が完成 

(嬉しくなって記念撮影)

翌年2016年 大きな木も植えて…

 

その石垣は今ではこんな感じになっています。

(2018年)

ん?もはやモジャモジャで石垣はいずこ?

 

↓2016年春の庭。

前年に植えた花を冬越しするのにワラを庭全体に敷きました。

・・・が、これがちょっと大失敗。ワラを処分する作業が思いのほか大変で…(-_-;)

というわけで、最初で最後のワラでした。
土がカチカチで、栄養状態も悪かったため…
まずは鍬で土をひたすら掘って、堆肥(バーク堆肥、馬糞など)を漉き込むことを繰り返し・・・
今から考えるとかなり根気のいる作業だったと思います。
ユンボ(重機)を投入すれば一瞬で終わる作業だったのに…なぜ人力でやっていたのか謎です。
そして。遠目にも私の腕がかなり太い…
初めて作ったバラのエリア。
イングリッシュローズを10株ほど植えました。
・・・が、のちに突然バラの神様が降りてきたようで・・・
気が付くと初年度にもかかわらず120株ほど植えてしまうことに。
ここでも私の収集癖がさく裂。
↓ 今年のバラエリア
石垣横に通路(階段)を作ろうと思い立ち
両サイドに植栽中。
(今から思うと、先に階段を作ったほうが楽でした)
今ではこんな感じになりました。
お気に入りのエリアです。
↓ 2017年のガーデン下部分
見るからに固い土・・・・
石がゴロゴロ。土はスカスカ…
始めて3年目までは、土づくりが一番大変。
馬糞の夢を見るくらい、堆肥を大量に漉き込む毎日。
↓ 同じ場所を今年撮影。
未完成ではありますが…
なかなかいい感じになってきました。
エントランス部分を制作中。
一応ビニールテープでなんだかそれらしいことしていますが…
結論から言うと、途中でヒモがこんがらかってしまいイライラで断念。
あまり意味のない作業になってしまいました。
ガーデンの設計図は、私の頭の中にある…という格好の良いものではなく、
思いつき=いわゆる成り行き任せ…だったりします。
現在のエントランスはこんな感じ
庭の全体図です。
が、途中で面倒くさがりの私は更新をしていないので…
未完成の全体図です。
さて、間もなく冬到来。
ガーデンの一大イベント。
バラの冬囲い作業が始まります!
昨年は355本を不織布でカバーしました。
今年購入したものを含めて何本か、まだ怖くてカウントしておりません。。。。
この作業が終わると、一年の庭仕事が終了。
ガーデンは冬の眠りにつきます。
冬の風景。
雪が降ってとても幻想的です。

 

庭仕事に関して…

私もまだまだ初心者ですが、わかることであれば何でも経験した範囲でお答えします。

特に失敗経験はかなり豊富です。

 

カフェで、ガーデンで…ぜひお気軽に声をかけてください♪

 

日々変化するガーデン創り

ハンナフラガーデンは、もともと苔の生える湿気多いくぼ地でした。

 

↓ ハンナフラガーデン 2013年 初夏

これから工事がはじまるところをパチリ

 

 

工事現場を熱く見つめる黄ヘルの甥っ子ちゃん

(5年経ち今ではサッカー少年になりました。)

 

苔生す庭

もちろんそのままでも軽井沢らしくてとても素敵な景色だったのですが…

 

すでにガーデニングに目覚めていた私は、”花と光があふれるガーデンにしたい!”

とこれから創るガーデンの構想で頭の中がいっぱいに。

 

最初から専門の業者さんにお願いすることは考えていなかったので、スコップ片手に固い固い土を掘ることからスタート。

とにかく土が固い、木の根っこがすごい とかなり過酷な現場。

毎週末、東京から土を耕しにいく生活が続き・・・

カスカスの土が悪い状態では、何を植えても上手に育てられないということで

とにかく土の改良に全力投球した初めてのシーズンでした。

 

ガーデンのデザインをするにあたり、傾斜をうまく利用し高低差を出すことをイメージ。

まずは敷地の真ん中あたりに大きな石垣を作りメリハリを。

さすがに石垣は自分ではできないため業者さんに依頼。

大量の土をダンプでいれて傾斜を作り・・・

そこに大きな石垣でアクセントをつけて。

石垣は今ではこんなモジャモジャになりました。

 

また遊歩道は、枕木やレンガと素材を変えて視覚的に楽しめるようにしてみました。

レンガは、あまりキチッとした感じではなく。

後程 両サイドに何かを植えることを想定してラフな仕上がりに。

 

カフェのテラスから続く長い階段。

途中のデッキには、近い将来温室を作りたいと計画。

軽井沢の冬はとにかく寒いので、外で越せない子達が冬の間過ごせる場所を作りたいと考えています。

(本当は…お風呂を作りたかったのですが…多くの反対を受けて断念。

うっかり見ちゃった人が気の毒らしいです。)

 

そして来春の計画

先日 大工さんに作っていただいたパーゴラ。

かなり長いパーゴラになるのですが、ここにバラのトンネルを作りたいと思っています。

 

ガーデンのエッジエリアにS字状の長いパーゴラを作り

今年は樽にイングリッシュローズを入れて階段部分に配置。

来春につるバラを絡ませていくイメージをしています。

 

大工さんが苦労して作ってくださった Lのパーゴラ。

片脚がないのでとても設置が難しかったとのことです。

(南側に脚をつけなかった理由は、トンネルの中からも南側の景色が見えるようにしたかったから。)

頭の中で、全体の景色はイメージ出来上がっているのですが…

はたしてその通りにいくかどうかは…   

お楽しみです。

 

イングリッシュローズの樽。

ワイン樽の鉢植えで冬を越せるのか?

昨年末から数株でトライアルをしたのですが

まったく問題なし…とてもいい感じでバラも育っています。

 

ということで今シーズンはたくさんのバラを鉢植えで育ててみようということに。

この階段には、樽でシュラブを。来春 地植えでつるバラを合わせてみようと思っています。

DavidAustinのバラは香りがとても良く寒さにも強いので一番のお気に入り。

 

日々変化のある空間

何もないところからスタートしたガーデン創りは

まだまだ続きます。

 

 

ハンナフラガーデン ちょっとずつパワーUP

今シーズンは、バラや宿根草を新しく植える作業は少しお休みして・・・

これまで植えた子たちのお世話をメインとしています。

ようやくガーデン全体のレイアウトが決まってきたので、これからは少しずつ修正したり追加したりと

どんどん細かいところを創っていこうと思っています。

新しくできたパーゴラとレンガの小路。

なんだかとてもガーデンの雰囲気が良くなりました。

 

ああ、どこかに小さな噴水でも欲しいなあ…

(そういえば。池を庭に作ると家が没落するという怖いジンクスを耳にしたことがあるので…

私はチョロチョロの噴水で。)

 

もう一台パーゴラを大工さんに作って頂きました。

仕事早い〜 一日で完成!

下から見上げるとこんな感じです。

ここにはハンモックをぶら下げようかなあと思っています。

 

今週のかわいこちゃんをパチリ

モーニングミスト David Austin

 

モーニングミストは、一重でとても愛らしいお気に入りのバラです。

他のバラや宿根草との協調性もあり、

みなさーん。私はバラよ〜!と自己主張していないところが何ともいじらしい。

 

その昔は、パッチリ二重のおめめに憧れて・・・

何とか大きな目にならないかと、勉強もロクロクせずにアイプチ(死語の世界?)を駆使して鏡とにらめっこしていた学生時代。

 

それから年月が流れ…

 

一重の愛らしさ、モーニングミストの可憐な佇まいが理解できるようになった今・・・

気が付けばそれなりに歳をとったからでしょうか。

瞼にボッテリ脂肪がつき、私もパッチリ二重に。

 

モーニングミストをみていると…

アイプチ信者だった青春時代がなんだかとっても懐かしく感じられます。

6月おわりのハンナフラガーデン

梅雨はどこにいったのでしょうか?

軽井沢は毎日良いお天気が続いています。

 

今日は朝6:00からバラの消毒作業をしました。

毎週1回、約3時間かけて全部のバラを1本ずつ消毒していきます。

朝の涼しい時間帯でないと、バラの葉っぱも薬害がでてしまい、長そで長ズボン・ゴーグル・マスク姿の私も暑さでヨレヨレになってしまいます。

 

今年は今のところ黒点病やうどんこも殆ど見られず・・・

このまま綺麗な葉を沢山キープできればよいのですが。

 

つるアイスバーグもどんどん咲いてきました。

早朝のガーデンはキラキラしていてとても気持ちが良いです。

 

お気に入りのパットオースチン

花が大きく首が細いので、すぐにタラーンとなってしまうのですが…

もっと上手に仕立てられないものかと現在試行錯誤しています。

なんともいえない色が優美です。

プリンセスアレキサンドラオブケント

花びらがギュギュッとつまった感じの大きめの花

深いピンク色でとても良い香り、蕾も沢山つきました。

 

お気に入りのスカイラーク

最初はコロンとした丸いカタチ、徐々に花の形が変わっていきます。宿根草との色の相性もすてき。

レディエマハミルトン

フルーツの甘い香りがします。

サハラ’98

なかなか大きくならないのですが、今年は元気が良いので期待大。

軽井沢は厳しい冬でかなり枯れこんでしまうため、毎年咲いてくれるだけでもありがたいです。

こぼれタネで石垣に咲いているリナリア。

自然な雰囲気が気に入っています。

 

さて。

昼からは今年の新しいエリアを創りはじめました。

石垣の上に柔らかい枝のつるバラ エクセレント フォン シューベルトやバレリーナを植えていきます。

タラーンと石垣から垂れるようなイメージで。

 

その後ろには、キングサリを2本植える予定です。

 

大量の馬糞を土に漉き込んで土を改良した後は、

バラの穴を10個ほって・・・

あとは、元気に育ってくれるのを願うばかり!

 


 

天気予報を見れば、しばらくずーーっと晴マーク。

嬉しいような、でも雨がちょっとは降ってくれないと困るような…

このまま梅雨は開けてしまうのでしょうか?

 

モネの世界にあこがれる

以前 ハンナフラガーデンに遊びにいらした方が・・・

「ほぉ モネの世界だねぇ。」と何度もおっしゃっていたのを思い出しました。

 

その時は へーそうなんだ とあまり気にもしなかったのですが。

先日たまたま購入した本 ”モネ 庭とレシピ”を読んでその時のことをふと思い出しました。

 

クロード モネはフランスの画家、蓮の池・・くらいの知識しかなかったのですが…

この本を読んで、彼が天才画家というだけでなく素晴らしい園芸家でもあったことを知りました。

”花の庭” と のちに作られる”水の庭”・・・日本から輸入した蓮、バラやアイリス、アガパンサス等

私の大好きな色彩がモネの芸術作品となっていたことに大きく感動。

 

とても共感できるところが沢山あって、お友だちになりたい!と思わず声にだしてしまうほど。

 

私は3年前までは全く園芸に興味なし、たまに観葉植物を買ってみてはもれなく枯らすタイプでした。

それが、たまたま軽井沢に家を持ち、庭に少し花を植えてみようと始めたのがきっかけで・・・

気が付くと、花や木の色や形のバランス、コントラストなどの魅力に夢中になり、どんどん庭を広げていき今に至っています。

軽井沢は寒冷地ということもあり、上手に冬を越せない子もいたりと、なかなかすべてがパーフェクトには行きませんが

わからければよく知っていらっしゃる方にアドバイスを受けて勉強したり、失敗の理由を確認したり…の繰り返しで

次から次へとチャレンジすべきことが出てくるのも楽しく。

苦労すればするほど、年々ガーデンも力強く素敵になっているような気がします。

 

お天気を気にしたり、イノシシに荒らされていないか心配したり… 

毎日東京から遠くはなれたガーデンを案じながらも

1週間でどんどん変化する自然の力に感動。

これからどんなガーデンになるのかとても楽しみです。

 

今は気持ちに余裕がないのでムリですが・・・

いつか少し落ち着いた時には、ガーデンをモチーフにした絵も描いてみたいという目標が一つできました。

 

ハンナフラガーデン 可愛い花が咲いてきました

この時期は1週間で庭の景色がガラッと変わってしまうほど・・・

あちこちでどんどん花が咲いていきます。

 

今年のバラで一番早く開花した子は・・・オリビアローズオースチン

コロコロと沢山蕾を付けているかと思えば、あれよあれよという間にドンドン花が咲いてきました。

優しいピンクの色味がとても可愛い♪

 

ローズなかしまのクロエちゃん

赤白のシマシマがとてもかわいい子ちゃんです。

なかなか大きくならないのですが、花は毎年一番のり!

 

こぼれ種であちこちで咲いているオルラヤ。

バラとの相性もすてきです。

しゃくやく 氷点 もすでに満開

真っ白が好きで集めているのですが、少しでも雨がふると染みが出来てしまうのが

悩みどころです。

 

さて。

今年も イノシシが連日夜中にやってきては庭を荒らしていきます。

ミミズを取りに来るのですが、とにかくメチャメチャにしていきます。

え?これ動かしたの??・・・というくらい大きい岩もとんでもない場所に移動しています。

ということで、ガーデンのまわりをグルリと1周イノシシ避けの柵で囲みました。

全長300m強の長い長い柵です。

 

軽井沢は塀をしてはいけないという条例があるので、できるだけ目立たないように設置してもらいました。

これでイノシシも怖くありません!

(おまけに我が家のクロちゃん&アイビーちゃんが外に出てしまう心配もありません!)

 

さて、これから!!!

・・・というところで、梅雨に入ってしまいました。

 

お庭仕事もしばらくお休み。

雨が降るとなかなか綺麗に咲いてくれないのが残念ではありますが。。。

 

梅雨が明ける頃、一番素敵なシーズンにカフェもちょっとだけOPENする予定です。