日々変化するガーデン創り

ハンナフラガーデンは、もともと苔の生える湿気多いくぼ地でした。

 

↓ ハンナフラガーデン 2013年 初夏

これから工事がはじまるところをパチリ

 

 

工事現場を熱く見つめる黄ヘルの甥っ子ちゃん

(5年経ち今ではサッカー少年になりました。)

 

苔生す庭

もちろんそのままでも軽井沢らしくてとても素敵な景色だったのですが…

 

すでにガーデニングに目覚めていた私は、”花と光があふれるガーデンにしたい!”

とこれから創るガーデンの構想で頭の中がいっぱいに。

 

最初から専門の業者さんにお願いすることは考えていなかったので、スコップ片手に固い固い土を掘ることからスタート。

とにかく土が固い、木の根っこがすごい とかなり過酷な現場。

毎週末、東京から土を耕しにいく生活が続き・・・

カスカスの土が悪い状態では、何を植えても上手に育てられないということで

とにかく土の改良に全力投球した初めてのシーズンでした。

 

ガーデンのデザインをするにあたり、傾斜をうまく利用し高低差を出すことをイメージ。

まずは敷地の真ん中あたりに大きな石垣を作りメリハリを。

さすがに石垣は自分ではできないため業者さんに依頼。

大量の土をダンプでいれて傾斜を作り・・・

そこに大きな石垣でアクセントをつけて。

石垣は今ではこんなモジャモジャになりました。

 

また遊歩道は、枕木やレンガと素材を変えて視覚的に楽しめるようにしてみました。

レンガは、あまりキチッとした感じではなく。

後程 両サイドに何かを植えることを想定してラフな仕上がりに。

 

カフェのテラスから続く長い階段。

途中のデッキには、近い将来温室を作りたいと計画。

軽井沢の冬はとにかく寒いので、外で越せない子達が冬の間過ごせる場所を作りたいと考えています。

(本当は…お風呂を作りたかったのですが…多くの反対を受けて断念。

うっかり見ちゃった人が気の毒らしいです。)

 

そして来春の計画

先日 大工さんに作っていただいたパーゴラ。

かなり長いパーゴラになるのですが、ここにバラのトンネルを作りたいと思っています。

 

ガーデンのエッジエリアにS字状の長いパーゴラを作り

今年は樽にイングリッシュローズを入れて階段部分に配置。

来春につるバラを絡ませていくイメージをしています。

 

大工さんが苦労して作ってくださった Lのパーゴラ。

片脚がないのでとても設置が難しかったとのことです。

(南側に脚をつけなかった理由は、トンネルの中からも南側の景色が見えるようにしたかったから。)

頭の中で、全体の景色はイメージ出来上がっているのですが…

はたしてその通りにいくかどうかは…   

お楽しみです。

 

イングリッシュローズの樽。

ワイン樽の鉢植えで冬を越せるのか?

昨年末から数株でトライアルをしたのですが

まったく問題なし…とてもいい感じでバラも育っています。

 

ということで今シーズンはたくさんのバラを鉢植えで育ててみようということに。

この階段には、樽でシュラブを。来春 地植えでつるバラを合わせてみようと思っています。

DavidAustinのバラは香りがとても良く寒さにも強いので一番のお気に入り。

 

日々変化のある空間

何もないところからスタートしたガーデン創りは

まだまだ続きます。

 

 

ハンナフラガーデン ちょっとずつパワーUP

今シーズンは、バラや宿根草を新しく植える作業は少しお休みして・・・

これまで植えた子たちのお世話をメインとしています。

ようやくガーデン全体のレイアウトが決まってきたので、これからは少しずつ修正したり追加したりと

どんどん細かいところを創っていこうと思っています。

新しくできたパーゴラとレンガの小路。

なんだかとてもガーデンの雰囲気が良くなりました。

 

ああ、どこかに小さな噴水でも欲しいなあ…

(そういえば。池を庭に作ると家が没落するという怖いジンクスを耳にしたことがあるので…

私はチョロチョロの噴水で。)

 

もう一台パーゴラを大工さんに作って頂きました。

仕事早い〜 一日で完成!

下から見上げるとこんな感じです。

ここにはハンモックをぶら下げようかなあと思っています。

 

今週のかわいこちゃんをパチリ

モーニングミスト David Austin

 

モーニングミストは、一重でとても愛らしいお気に入りのバラです。

他のバラや宿根草との協調性もあり、

みなさーん。私はバラよ〜!と自己主張していないところが何ともいじらしい。

 

その昔は、パッチリ二重のおめめに憧れて・・・

何とか大きな目にならないかと、勉強もロクロクせずにアイプチ(死語の世界?)を駆使して鏡とにらめっこしていた学生時代。

 

それから年月が流れ…

 

一重の愛らしさ、モーニングミストの可憐な佇まいが理解できるようになった今・・・

気が付けばそれなりに歳をとったからでしょうか。

瞼にボッテリ脂肪がつき、私もパッチリ二重に。

 

モーニングミストをみていると…

アイプチ信者だった青春時代がなんだかとっても懐かしく感じられます。

6月おわりのハンナフラガーデン

梅雨はどこにいったのでしょうか?

軽井沢は毎日良いお天気が続いています。

 

今日は朝6:00からバラの消毒作業をしました。

毎週1回、約3時間かけて全部のバラを1本ずつ消毒していきます。

朝の涼しい時間帯でないと、バラの葉っぱも薬害がでてしまい、長そで長ズボン・ゴーグル・マスク姿の私も暑さでヨレヨレになってしまいます。

 

今年は今のところ黒点病やうどんこも殆ど見られず・・・

このまま綺麗な葉を沢山キープできればよいのですが。

 

つるアイスバーグもどんどん咲いてきました。

早朝のガーデンはキラキラしていてとても気持ちが良いです。

 

お気に入りのパットオースチン

花が大きく首が細いので、すぐにタラーンとなってしまうのですが…

もっと上手に仕立てられないものかと現在試行錯誤しています。

なんともいえない色が優美です。

プリンセスアレキサンドラオブケント

花びらがギュギュッとつまった感じの大きめの花

深いピンク色でとても良い香り、蕾も沢山つきました。

 

お気に入りのスカイラーク

最初はコロンとした丸いカタチ、徐々に花の形が変わっていきます。宿根草との色の相性もすてき。

レディエマハミルトン

フルーツの甘い香りがします。

サハラ’98

なかなか大きくならないのですが、今年は元気が良いので期待大。

軽井沢は厳しい冬でかなり枯れこんでしまうため、毎年咲いてくれるだけでもありがたいです。

こぼれタネで石垣に咲いているリナリア。

自然な雰囲気が気に入っています。

 

さて。

昼からは今年の新しいエリアを創りはじめました。

石垣の上に柔らかい枝のつるバラ エクセレント フォン シューベルトやバレリーナを植えていきます。

タラーンと石垣から垂れるようなイメージで。

 

その後ろには、キングサリを2本植える予定です。

 

大量の馬糞を土に漉き込んで土を改良した後は、

バラの穴を10個ほって・・・

あとは、元気に育ってくれるのを願うばかり!

 


 

天気予報を見れば、しばらくずーーっと晴マーク。

嬉しいような、でも雨がちょっとは降ってくれないと困るような…

このまま梅雨は開けてしまうのでしょうか?

 

モネの世界にあこがれる

以前 ハンナフラガーデンに遊びにいらした方が・・・

「ほぉ モネの世界だねぇ。」と何度もおっしゃっていたのを思い出しました。

 

その時は へーそうなんだ とあまり気にもしなかったのですが。

先日たまたま購入した本 ”モネ 庭とレシピ”を読んでその時のことをふと思い出しました。

 

クロード モネはフランスの画家、蓮の池・・くらいの知識しかなかったのですが…

この本を読んで、彼が天才画家というだけでなく素晴らしい園芸家でもあったことを知りました。

”花の庭” と のちに作られる”水の庭”・・・日本から輸入した蓮、バラやアイリス、アガパンサス等

私の大好きな色彩がモネの芸術作品となっていたことに大きく感動。

 

とても共感できるところが沢山あって、お友だちになりたい!と思わず声にだしてしまうほど。

 

私は3年前までは全く園芸に興味なし、たまに観葉植物を買ってみてはもれなく枯らすタイプでした。

それが、たまたま軽井沢に家を持ち、庭に少し花を植えてみようと始めたのがきっかけで・・・

気が付くと、花や木の色や形のバランス、コントラストなどの魅力に夢中になり、どんどん庭を広げていき今に至っています。

軽井沢は寒冷地ということもあり、上手に冬を越せない子もいたりと、なかなかすべてがパーフェクトには行きませんが

わからければよく知っていらっしゃる方にアドバイスを受けて勉強したり、失敗の理由を確認したり…の繰り返しで

次から次へとチャレンジすべきことが出てくるのも楽しく。

苦労すればするほど、年々ガーデンも力強く素敵になっているような気がします。

 

お天気を気にしたり、イノシシに荒らされていないか心配したり… 

毎日東京から遠くはなれたガーデンを案じながらも

1週間でどんどん変化する自然の力に感動。

これからどんなガーデンになるのかとても楽しみです。

 

今は気持ちに余裕がないのでムリですが・・・

いつか少し落ち着いた時には、ガーデンをモチーフにした絵も描いてみたいという目標が一つできました。

 

ハンナフラガーデン 可愛い花が咲いてきました

この時期は1週間で庭の景色がガラッと変わってしまうほど・・・

あちこちでどんどん花が咲いていきます。

 

今年のバラで一番早く開花した子は・・・オリビアローズオースチン

コロコロと沢山蕾を付けているかと思えば、あれよあれよという間にドンドン花が咲いてきました。

優しいピンクの色味がとても可愛い♪

 

ローズなかしまのクロエちゃん

赤白のシマシマがとてもかわいい子ちゃんです。

なかなか大きくならないのですが、花は毎年一番のり!

 

こぼれ種であちこちで咲いているオルラヤ。

バラとの相性もすてきです。

しゃくやく 氷点 もすでに満開

真っ白が好きで集めているのですが、少しでも雨がふると染みが出来てしまうのが

悩みどころです。

 

さて。

今年も イノシシが連日夜中にやってきては庭を荒らしていきます。

ミミズを取りに来るのですが、とにかくメチャメチャにしていきます。

え?これ動かしたの??・・・というくらい大きい岩もとんでもない場所に移動しています。

ということで、ガーデンのまわりをグルリと1周イノシシ避けの柵で囲みました。

全長300m強の長い長い柵です。

 

軽井沢は塀をしてはいけないという条例があるので、できるだけ目立たないように設置してもらいました。

これでイノシシも怖くありません!

(おまけに我が家のクロちゃん&アイビーちゃんが外に出てしまう心配もありません!)

 

さて、これから!!!

・・・というところで、梅雨に入ってしまいました。

 

お庭仕事もしばらくお休み。

雨が降るとなかなか綺麗に咲いてくれないのが残念ではありますが。。。

 

梅雨が明ける頃、一番素敵なシーズンにカフェもちょっとだけOPENする予定です。

 

クロエちゃんとアイビーちゃん

時々ダイアリーにも登場する我が家の愛犬

クロエちゃんとアイビーちゃん

8歳と8か月の迷コンビです。

 

クロちゃんが意外にも神経質な子で

最初はものすごく険悪な仲だったのですが・・・

おいチビ!あたちに近づくんじゃないわよッ!怒

 

クロちゃんに嫌がられても嫌がられても、後を付いてまわるアイビーちゃん。

 

気が付けば…

そこそこ仲良しになり・・・

(微妙な距離感は別として・・・)

一緒に昼寝をする仲良しになりました。

(でもよーく見るとお互いウッスラと目を開けている・・・微妙な緊張感)

 

よかった、よかった!

 

さて。

8か月になったアイビーちゃん。

かなり面白い子です。

 

ソファからずり落ちそうになりながら

遠くを見つめるアイビーちゃん・・・

 

先日避妊手術後に具合が悪くなり

妙な格好でグッタリするアイビーちゃん・・・

 

かと思えば・・・

 

TVの競馬をジーーーっと観ていたり・・・

かなり長い時間走る馬を見つめていました。

ピカピカの競走馬に憧れを感じているのか・・・?

 

かなり歳の離れたコンビですが、2匹だと一緒にお留守番もできるので安心。

いつまでも元気ハツラツで一緒に仲良くしてね。

 

ティーもコーヒーも闇夜の特訓!

カフェのオープンにむけて、あれこれ時間をみつけては少しずつ準備をしています。

 

まずはハンナフラカフェで使う予定のコーヒー豆を使って何度もコーヒーを入れる闇夜の特訓!

今まではネスカフェ〇〇〇〇ブレンドで大満足。

中でも大雑把な私は、ガーッと粉をマグカップに入れて熱湯をザッーっと注ぐだけだったのですが…

 

知れば知るほど奥の深〜いコーヒー。

今では香りも美味しいコーヒーの存在にすっかり魅せられてしまいました。

 

さて、ハンナフラカフェで使用させていただくのは、とても飲みやすくて美味しい御代田のSANGA COFFEEさんの豆。

オーナーの奥さまに先日美味しいコーヒーの淹れ方を教えて頂き…メモメモ…

あとは何度も練習あるのみ。

毎夜寝ぼけ眼で、何度もコーヒーを入れている姿はかなりの恐怖です。

 

そして、紅茶はプライベートで好きなロンネフェルトを使用する予定です。

実は 最初簡単に手に入るブランドのもので良いかな…と思っていたのですが

先日訪問したカフェ フォレストヴェールさんでとても美味しい紅茶を頂戴したことにいたく感動。

やはり手抜きはイカン!と深く反省しました。

ちゃんとカップも温かくて手抜きなしの紅茶を提供しなくては…

 

ということで、まずは自宅で頂きものの紅茶&これまた頂きもののケーキ♪

なんかちょっとしたことで優雅な時間に。

これですね!

 

コーヒーも紅茶もちゃんと分量を量ることが大切…と遅ればせながら学びました。

たくさん練習して美味しく淹れられるように、

お腹がチャポチャポになるまで、たくさんコーヒー&紅茶を飲みます。

 

さて。カフェをちらり。

キッチンが丸見えにならないように、ユーカリをドンと置いてみました。

見られると恥ずかしいので〜 って誰も見ていない?

座席はあまりパツパツにしないで、ゆとりのある空間にしています。

 

お一人様バンザイ!の席です。

シンガーミシンの脚でDIYしたカウンターテーブル。

なんかいい感じ?!

ラブラブなカップルさんであれば、2人仲良く座ることもできます。

険悪なカップルさんは、ちょっと引っ付きすぎなのでもっと険悪になるかも。

出来れば、仲良く座って頂きたい私のお気に入りシートです。

 

小さなカフェで、しかも週末のみのオープン。

まさに隠れ家カフェ。

あまりに隠れすぎて果たしてお客さまに見つけて頂けるのかわかりませんが…

 

とにかくバラのきれいなシーズンにこっそりOPENします!

軽井沢書店でおかいもの

先日軽井沢デリシアに牛乳と卵を買いに行ったときのこと。

 

突如 すてきな本屋さんが出来ているのを発見!

おお!

これは早速行かねば!!ということで…

お買い物そっちのけで本屋さんへGOしました。

 

軽井沢書店

とてもシンプルな名前の本屋さんは、TSUTAYA軽井沢スタイルでした。

コンパクトな店内は、私の好きなガーデニングやお料理・アート系の本もたくさん。

なんだか車関係の本も沢山あるなあ・・・と不思議に思っていたら、なるほど・・・

モトテカコーヒーさんが併設されていて納得。
オープン当日は代表の星野さんも正装でご挨拶されていました。

ここぞとなかりに洋書がもっと欲しい!等 あれこれ好き勝手に星野さんにリクエスト。

まさに僕に言われても困るんですけど…状態です。

 

さて。

気が付けば、あれこれ魅力的な本に出会い…

たくさんの本をお買い上げ。

意味もなく・・・

レジ横にあった黄色い砂時計まで買ってしまいました。

 

恐るべし軽井沢マジック。

 

マジックといえば・・・

家に帰ってから、牛乳と卵を買うのをすっかり忘れていたことに気が付きビックリ。

 

大好きな本屋さんでアドレナリン全開して

肝心のお買い物が吹っ飛んでしまったようです。

 

ちょっと自分が心配になりました…(-_-;)

 

夜21:00まで営業されているようです。

(水曜日定休)

毎晩20時就寝の私にとっては深夜営業の軽井沢書店。大好きな場所がまた一つ増えました。

5月のハンナフラガーデン

ようやくバラの葉っぱがワサワサと沢山ついてきました。

東京は既にバラ最盛期が終わったようなのですが、軽井沢はこれからがシーズン!

・・・とはいえ、ちょうど梅雨の季節と一緒というのがオシイ。

なかなか綺麗に咲いてくれないのが残念だったりします。

パットオースチンさん。

元気にハツラツです!

 

右手のポールズヒマラヤンムスクは、暴れん坊将軍状態。

どうにもこうにもならん!ということで… 

苦肉の策でお隣のならの木にグルグルと巻きつけることに。

気に入ったのか、グングン成長しています。

朝日を浴びて気持ちよさそうなガーデン。

あと数週間でこのエリアはいい感じになるはず!と期待しています。

 

クレマチス モンタナエリザベス

バニラの甘い香りがステキ。

間もなく一気に開花します。

昨年植えたギボウシはこんなに巨大になって登場しました。

今年こそはシカに食べられませんように・・・

 

ハンナフラガーデン。

今年は、新しくガゼボをつくり、ウッドデッキを増設する予定です。

 

そして。

ようやくカフェの許可がおりました。

あと一息手続きを完了したら、ハンナフラガーデン&カフェのOPENです。

・・・とはいえ、週末だけチラリとOPEN。

 

良いシーズンのガーデンをお楽しみいただけるよう準備をします。

 

お気に入りのカフェをみつけました

軽井沢では週末カフェに朝ごはんを食べにいくことがほとんど。

金曜日の夜に東京から移動ということで、土曜日の朝は冷蔵庫もカラッポ。

・・・ということで、どうしても土曜日朝は外食になってしまいます。

 

先日見つけた新しいカフェ

Cafe Forest Valeさん (写真お借りしました)

https://www.facebook.com/cafeforestvale/

カフェ フォレスト ヴェール (注:ベールとちがってヴェーですよぉ)

 

清潔感のある店内は、居心地の良い空気感。

私の好きなテイストのお皿やカトラリーで気分もググッとあがりました。

サラダと温かいスープが付いてきます。

この日は懐かしい味のミルクのスープ。

朝からとても健康的。

選んだのは、フワフワのフレンチトースト。

 

さて。食パンは毎朝早起きして焼いているというからビックリ。

かつてパン教室に一度通ったものの・・・

費用対効果が悪すぎる!と訳の分からない理由で辞めてしまった私は尊敬するばかりです。

たくさん時間がかかって、クタクタになるほど力も使うのに

出来上がるのはほんのわずか・・・とそれ以降パン屋さんのお値段に文句をいうことは一切なくなりました。

 

キノコと・・・なんだろ?のオープンサンド??かな。

ちょっと忘れましたが、美味しかったです♪

 

デザートにプリン

ここがポイント!

いまどきの”とろけるプリン”ではありません!

昭和の香りプンプン”お母さんのプリン”です。

(余談ですが、これは絶対に同年代に違いないとオーナーご夫妻にお歳を伺ったら…ドンピシャでした。)

 

美味しかったーーー

 

火曜日・水曜日定休日

追分のテニスコートの前にある可愛いカフェは

毎朝7:00からオープンしています。

ワンチャンはテラス席OK。

全席禁煙。→ここは私の中で非常にポイント高い。

 

そしてオーナーご夫妻はとても感じ良し!

気持ちの良い接客と美味しいブレックファーストで、素敵な土曜日のスタートとなりました。