今週は軽井沢でガーデンの冬支度をしています。

ここ数日は暑い日が続いているので、冬支度といってもあまりピンとこないのですが。

毎年11月になると一気に寒くなる軽井沢。

基本一人で作業をしているので、今から少しずつ冬を迎える準備をスタートしないと

どうにもこうにも間に合わないのです…

 

まずは庭全体の片づけからスタート。

宿根草を短く散髪して整理整頓、ものすごい量の枯葉や枯れ枝が出ます。

その後隠れていた雑草を地道に抜いて…最後に堆肥でカバーをして完了。

 

バラも少しだけ散髪をして、11月に寒冷紗で冬囲いしやすいかたちに整えます。

同時に株元を堆肥で厚くカバー。

軽井沢は土の中も凍る寒さなので、とにかく株を守るために堆肥でお布団をかぶせます。

どうしても枯らしたくない子にはてんこ盛り。

この地道な作業を300本以上にしていくので、とにかく時間が必要となってしまうのです。

 

大きなジューンベリーの木に近い場所に植えたバラさんたち。

生育不要と思っていたら…

やはり木の根っこに邪魔されていました。泣

そこで…

農業用の板(名前わからない)を買ってきて、柵を作ってみました。

根っこシャットアウト大作戦です。

これで効果が表れると良いのですが…

 

名前はわかりませんが、可愛い蝶々が遊んでいました。

最初は名前を付けていたのですが、あまりに沢山遊びにきてくれて…

誰が誰だかわからなくなりやめました。

満開のクジャク草。

花の少ないこの季節に貴重な存在です。

ゲラニウムのスイートハイジ

遅咲きのハイジは、少し涼しい今が一番元気な様子。

 

大好きなレディエマハミルトン

秋の方がちょっとシックなオレンジ色?

葉っぱは黒点病でボロボロですが、健気にこんな可愛い花を咲かせてくれました。

フレンチローズのラヴァンデパルフュメ

とても良い香り、開花するとフリフリのとても可愛い形になります。

 

ガーデニングは、きれいな花を見られる時は一瞬…

その前後は、かなりの重労働だったりします。

でもその一瞬を見たいがために、汗をかいて泥だらけになって作業しているような気がします。

 

気持ちはもう来年のハンナフラガーデン。

今年よりもっときれいになった庭をイメージして

全員が暖かく冬を迎えられるように作業をコツコツがんばります。