ハンナフラガーデンには、たくさんのお客様が訪れます。

花好きのご近所さんや、お散歩途中の方・・・

 

そして、花が咲くころには、いろいろな色柄のちょうちょう。

香りのよい花は大人気です。

木をスルスルと登る可愛いリス。

ものすごい大音量で鳴くキジ(しかも足が異様に速い!)

 

土を掘ればミミズ。

・・・と以前は恐怖で悲鳴をあげていたにも関わらず、今ではすっかり”おともだち”。

ミミズは良い土を作ってくれるのでハンナフラガーデンにとって大切な存在です。

かわいい黒目をしたトカゲも、私が横で作業をしていても逃げないので… もちろん”おともだち”。

 

でも中には、招かざる来訪者も。

毎年悩まされているは、イノシシ。

球根を食べたり、土を掘り返してはミミズを食べたり・・・

夜中にやってきては、好き放題に大切な庭をぐちゃぐちゃにしていきます。

ああ・・・いのししが・・・

私の大切なムスカリとクロッカスを台無しにしてしまいました!

ランプもなぎ倒されていました。泣

 

通販で購入した害獣よけのランプ(赤・青のランプが一晩中クルクルするもの)をつけてからは

少し被害が減ったようなきがしますが・・・

おかげでハンナフラガーデンは、クルクルランプのせいで年がら年中 工事現場のようになってしまいました。

 

軽井沢では、敷地の境界に塀を作ったり、動物が通りぬける時に傷つけないようにワイヤーを付けたりするのは条例でNGとなっています。

が、さすがに被害がひどいので庭の中に一部フェンスを作って、その中で球根類を楽しもうと思っています。

イノシシは、一度だけ冬に目の前を歩いていたのですが、かなり大きいので突然会うとびっくりします。

普通に小走りで(しかも私を無視して!)、雪の積もるハンナフラガーデンの中に入っていきました。

 

我が家には来ないのですが、サルの被害もご近所ではあるとか。

来春に裏庭でポタジェを創ろうと思っているので、サル対策も考えておかないと・・。

 

ということで。

ハンナフラガーデンの近くには、比較的沢山の人住んでいるのですが

それでも普通にイノシシ、サル、そしてまれにクマも・・・出てきます。

 

さすがに彼らと”おともだち”にはなれないのですが、上手に共存はしていきたいと思っています。