先週、ガーデンの中央部に芝生がはられました。

残念ながら作業の日は東京で仕事だったので、どんな感じで作業されたのかわからないのですが・・・

あー見たかったです。しょんぼり

とてもきれいにして頂き感謝です。

 

パンパカパーン。

100平米ほどが芝生になりました。

早くゴロンと昼寝がしたいです。

 

アナベルさんたちは、すっかりピンクになりました。

去年より一回り成長しています。

あちこちの宿根草も1週間でずいぶん大きくなりました。

もう何が何だかわからないモジャモジャ状態。

モナルダには、可愛い蝶々がたくさん遊びに来ています。

 

赤いモナルダは、ものすごく強くてどんどん増えてしまいます。

この背後に迫る赤い子も、来年にはすごいことになっているかも。危険です。

 

今週のかわいこちゃん

ギヨーのニコール・ミウラン

アプリコットカラーでほんのりティーの香りが上品

朝一番にこんな感じだったのですが、昼前にはふんわり花びらが開いていました。

ニコールさん・・・

実は、一時期枯れ枯れで瀕死の状態だったのですが・・・

ようやく持ち直して、こんなに可愛い花を咲かせてくれました。

ありがとう!

 

花がおわり、きれいに散髪されたシャリファアスマ

既にビュンビュンと新芽が出てきています。

 

ハンナフラガーデンのバラ最盛期は終わりましたが、まだあちこちでポチポチ咲いています。

株の成長を考慮してバチン!と剪定をしたほうが良いのは分かっているのですが、

ポンポコポンの立派な蕾が沢山ついていると、もう少し花をみたいという気持ちに・・・

 

悩ましいところです。

 

軽井沢では暖地より早く8月に秋バラに向けての剪定をすると良いのですが、霜が降りるのも早いので

ちゃんと秋に綺麗に咲かせられるかという問題が・・・

ふむー今年はどうしようか悩み中です。

一気に全部を咲かせるのではなく、順番に咲くように計算でもできればよいのですが・・・

残念ながら私はそんな技量をまだ持っていないので、バラの師匠・ローズショップの竹内さんに確認しながらの作業になると思います。

 

そして9月に入ったら、いよいよ気持ちは”冬の準備スタート”です!

今年は昨年よりかなり”子だくさん”になったので、バラの冬囲い作業が大変です。

こちらは昨年の様子。

 

また堆肥を庭全体に厚く敷くので、今は馬糞のことで頭がいっぱいです。

 

ということで、まだまだ芝生の上でお昼寝している場合ではありません。

ハンナフラガーデン完成(ほぼほぼ)に向けて頑張ります♪